スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫頼み~猫の手も借りたい?



世は、猫ブームを通り越して、猫頼みの域に達している。



これは、バスの停留所の広告でちゅ

見ると朝日新聞の広告にゃ。
夏目漱石の没後100年を機に「吾輩は猫である」が新聞に連載になるというものだ。

にゃにゃにゃ、天下の朝日新聞でさえ読者獲得を狙ってか、「吾輩は猫である」だってにゃ。

むむ…これは女性自身のパロディかと思いきや…いえいえ、創刊された立派な雑誌である

にゃんとも「幸せなになれる肉球占い」っていうのが、どうも気になるにゃ





これもパロディではありまちぇん

にゃはあ~世は遂に、猫ブーム通り越して、猫頼みの様相にゃ

ふむふむ、まさしく、猫の手も借りたいってことでちゅねえ~🐱💨



紀文のちくわちゃん(おばちゃん作)

うにゃ、そういえば、おばちゃんは、以前、紀文さんの広報に、あたちを広告に使ってと手紙と写真を、酔った勢いで送ったことがある。

きっと、紀文さんもその時分は、こんな猫ブームになることを予想していなかったにゃ。

しかし、それにしても、おばちゃん作の「紀文のちくわちゃん」

今日日、小学低学年でも、もっとマシな合成作品ができるだろうと思うけど😓💦💦

ここだけの話し、おばちゃんは、つくづくアホにゃね

こうなったら、「モーレツあ太郎」のニャロメや、「田舎っぺ大将」のニャンコ先生をリバイバルしたらとおばちゃんが言っていまちた。

ニャロメを知っているなんてにゃ、おばちゃん歳バレバレもいいところにゃ

ニャロメもニャンコ先生も当時、子どもたちに超人気で、やっぱりその頃も猫を飼うのが、流行っていたそうにゃ。

時代は巡り、流行りは、繰り返すってことなんでちゅね。



🔆ポカポカ陽気で、気持ちがいいでちゅ

家猫は、寝るに限りまちゅ💤

浮世絵

桜も散って、本格的な春の訪れにゃんね。
春先は、お天気が変わりやすく、毎日の寒暖差があって、今日は、また肌寒いにゃ


今日は、曇り空で、ちゃむいでちゅ

最近、おばちゃんは、時代劇にはまっている。

それも好きな時代は、江戸時代にゃ。
映画、ドラマの江戸の町民の暮らし、文化などを描いだ作品に興味津々の様子にゃんね。

そこで、おばちゃんは、とある美術展に出かけて行った。

「あそぶ浮世絵ねこづくし」



浮世絵師の歌川国芳は、大の猫好き
猫を数匹飼っていて、大柄の国芳は、外出の際、自分の着物の懐に猫を3、4匹は入れて外出したんだとか …。

猫を擬人化したユーモラスな作品が多い。
猫は人間の感情に近いと志村動物園でお馴染みのハイジが言っていたけど、国芳も猫のそんな面白さに惹かれた一人なのかもにゃ。


歌川国芳の歌舞伎役者になってる猫たち
これは、国芳じゃないけど、歌川広重のおばちゃんのお気に入り



あにゃにゃ、こんなものも…


ボー、ボー

船の汽笛が鳴り響く港

ヨコハマたちょがれ~

ホテルの小部屋にゃあ

にゃんこの背中に哀愁が漂いまちゅにゃ



うにゃ、あたちの背中はどうでちゅかね。

身の丈の暮らし

あけましておめでとうにゃ!と言っていたと思ったら、気がつけば、1月の終わりでちゅね😀
お正月は、暖かな陽気でちたが、このところの寒気の影響で寒い日が続いてまちゅ

ほにゃ、うちのベランダのタライに溜まった雨水がこんなことに!



ガチガチに氷が張ってまちゅ!ブルル、お~ちゃむいにゃあ😨

おお寒い こたつの中で  籠城す



ちゃ、ちゃむいでちゅ😨

早くおこたに戻らないと…😢

あたちは、できることなら、ごはんもおトイレもこの中で済ませたいくらいでちゅ😼



「ちくわ!運動もせんに、また、一日中こたつん中か!」

「なんや!毛布までひっ被って、まるで我慢大会のていやないけ!暑うないんか!」

「水分不足で、膀胱炎が再発したらどないするんや!」

ガミガミ…。

「おばちゃん!お言葉を返しまちゅが、あたちを何だと思ってるんでちゅか?」

「なんや?ちくわは、肥満児の茶虎白のハチワレの猫やないけ…」

「肥満児は、大きなお世話でちゅけど…。あたちは、猫でちゅ!寒がりは、猫ならしごく当たり前のことでちゅよ!」

「チェリーちゃんだって、寒いから、石油ストーブ前に陣取っていたら、お髭が燃えちゃったんだって…」


首輪を新調したチェリーちゃん

「お金持ちのしももねえさんとこは、床暖房にリフォームしたんだって…」


里親のドンと勘違いして、間違って別の人に寄り添ってしまった、相変わらず面白いしももねえさん

「ニャンコは、寒がりにゃんでちゅ。おばちゃん!そんなことを言うなら、しももねえさんとこみたいに、うちも床暖房にでもちてくだちゃい」

「アホか!そんなぜぜこが、この家のどこにあるんや!ホットカーペットで十分や!」

皆さま、欲望とは、限りないものでちゅ

思い起こせば、あたちがこの家に連れて来られた時は、おばちゃんの部屋は、古いあまり効かないエアコンしかなく、2月の寒い日などは、あたちは、おばちゃんの腹の上で暖をとっていまちた。翌年は、フローリングの床に、ニトリの安カーペットが敷かれ、その翌年には、ホットカーペットが…。またその翌年には、おばちゃんは、奮発???して、タンスのゲンで、安コタツを購入。昨年は、お馴染みニトリで、コタツ布団とラグを新調ちまちた。あたちが、おばちゃんの腹で暖をとっていたことを考えると、何と進歩ちたことか…。

しかし、欲望とは、限りないものでちゅ。

このままいけば、とどのつまりは、暖かい所、たとえば、沖縄、ハワイ等に引っ越すなんて結論に…。にゃにゃ、これじゃ、まるで落語のオチみたいな話にゃね。

「ちくわ、お前なんか恵まれてるやんけ、外ニャンコのこと考えてみい?凍える朝に、ビルのエアコンの室外機からしたたれ落ちる水飲んでなあ…、おばちゃん、そのニャンコを見るたびにな…」

ガミガミ…。

おばちゃんの小言が続いていまちゅ

にゃ、まあ、身の丈の暮らしって、ことでちゅかね。

今日あたりから、日中は、暖かくなりそうだって言っていたのに、まだまだ、寒さが続くようでちゅ。外ニャンコ上手に暖をとって、この冬を乗り越えて欲しいにゃね。

ほんにゃ、またにゃん🐱

本日のおまけ


お馴染みシウマイ弁当

しももねえさんもチェリーちゃんもこれに入っている、タケノコとお魚が好きなんだって。

あたちは、帆立味のチュールが好きでちゅ💗

昭和枯れすすき

おばちゃんが通販で頼んだ品物が届いた🚛



おばちゃん、これなに?👀



お~平成生まれのちくわには、わからんやろな😏

これは、火鉢いうんや

火鉢にゃ?

おばちゃんがちっさい頃、家にあったんや

これでぬくぬくと暖をとるんや🔥



今年は、ホットカーペットとコタツと火鉢で、寒さ対策もバッチリやで!

灯りといい、暖房いい、あらゆる室内環境がスイッチを入れれば、快適に過ごせるこの時代に、わざわざ火鉢なんて、手間のかかることを…。

ちくわ、お前は、わかっとらんなあ~

わびさびや…。風情だよ。

ふ~ん😯

今年は、コタツ布団も新調したし、コタツ、火鉢、ねこ、良いだろ~。絵になるな…。😀

おばちゃんは、ひとりご満悦の様子でちゅ

ほれ、こんな物もこうてきたよ



土瓶だそうにゃ

これで、火鉢で焼酎を温めて、ちびりちびり🍶

おばちゃん寒くなるを楽しみにしているようにゃ

ところで、火鉢の燃料は、炭です

今の時代、どこでも売っているものでは、ありまちぇん

簡単なのは、ネットで炭を扱っている業者さんを探し、郵送なり、配達の依頼をする🚚

気が短いおばちゃんです

何を思ったのか、アパートの裏の雑木林に、切ったまま放置された木の枝があるのを思い出し拾ってきまちた🌲

それをノコギリでキコキコ💨

お~これでいいじゃんか

昔の人は、上手に自然と共存して、暮らしとるわ🌳

これなら、燃料費もただや👌



ちくわ、やっぱ、火鉢は、すごいなあ~😯

常識的なみなさまは、既にお気づきのことと思いまちゅ😅

火鉢の燃料は、炭でちゅ

蒔きではありまちぇん

室内で蒔きなど燃やしたらどうなるでちょうか?

常識的なみなさまは、既にお気づきのことと、思いまちゅ😨

一酸化炭素中毒で、死んでしまいまちゅ😱🙀

おばちゃんの日常生活を知っているみなさまからは、気にかけてはいたが、ついにそんなことになって、しまってと …。

おばちゃんはあたちを道ずれにして…🎤

😀貧しさに負けたあ~

🐱いえ、世間にまけちゃ~

😀🐱この町も追われたあ~

😀🐱いっそ、ちれいにに死のうかあ~

😀🐱力の限り生きたから

😀🐱未練などないわ

😀🐱花さえも咲かぬ  二人は枯れすすき~🎤

おばちゃん!いい加減にしてにゃ!👊👊👊
ケチってないで、炭購入しなさいにゃ!

少し不安に思っていたおばちゃんは、こそこそとネットで調べて、この重大な間違いにやっと気づいたようでちゅ💦

常識的なみなさまは、既にご存知のことと思いまちゅ😰

蒔きは、バーベキューなど屋外でする場合のみ使用しましょう😰😰

そして、おばちゃんは、また、こそこそとネットで炭を注文していまちた

わびさび、風情は、今の時代、時間とお金がかかるもんなんでちゅね

でも、そうこう言っても、あたちも火鉢初体験、楽しみでちゅ😸

P.S

みなさま、蒔きを室内で、燃やすことのないよう、くれぐれもお気をつけくだちゃい。身に危険が及ぶか、隣家に火事の通報をされることになりまちゅので!😱😱😱

そんなこと知っとるわ!

おばちゃんが叫んでおりまちゅ

お後がよろしちいようで

ほな…ちゃいなら👐

猫のキモチ

おちさしぶりでちゅ
更新を、またまた随分とサボっている間に、季節があっという間に変わりまちた。
夏の猛暑に、一息つく間もなく、連日の集中豪雨。
それが終わったかと思ったら、いきなり秋の気配になりまちた。
皆様は、変わりなくお過ごしでちょうか…。

さてさて、その間の近況報告でちゅ。
あたちは、特に変わりなく、相変わらず、毎日を穏やかに過ごちていまちゅ
肌寒くなったので、おばちゃんが押入れから、あたちのベットを出してくれまちた。
あたちの匂いの染み込んだ、草色の毛布の温かさがとても心地良いでちゅ。
ので、見てのとおり、毎日々、ゴロゴロ、ゴロゴロ…。


自分の匂いは、やっぱり落ち着くんにゃあ~。


あにゃ~気持ちが良いでちゅ。
すぐ眠くなりまちゅ…。

そうにゃ、匂いといえば、こんなことがありまちた。

おばちゃんのバイト先でのできごと。
おばちゃんはバイトの時、着替えるのが面倒なので、バイト先のユニホームのまま出掛けて行く。
ある日のこと就業時間が終わり、次の人と交代になるんだけど、交代のその人が、その日、ユニホームの上着を忘れまちた。そこで、おばちゃんの上着を貸して、おばちゃんは、私服を持って行かないので、その人のTシャツを着て帰ることになったのでちた。
そのTシャツですが、その人は男性ですが、普段からコロンをつけているので、シャツにその匂いがプンプン。
おばちゃんは、その匂いが、気持ち悪くて悪くて、全然落ち着かない。
家に着いて、着替えても、その匂いがまとわりついて、スッキリしない。
シャワー浴びても、匂いが鼻についてしまって、どうしようもない。
借りたそのシャツは、直ぐに洗濯したんだけど、乾いてからも匂いが残ってる。
人工的に作り出した香りは、とても執拗な香りなんだにゃ。

あたちたち猫の体臭は、とても自然でちゅ。
自分の縄張りを誇示するためにするマーキング。
あたちは、おばちゃんが、お風呂から上がると、あたちの匂いの薄れているおばちゃんの身体に、スリスリして、マーキングならぬ、自分の匂いを擦り付ける。
おばちゃんといえども、自分の匂いがしないと、落ち着かないからにゃ。
いつだったか、おばちゃんが柚子風呂に入っていた。
あたちは、この柑橘系の香りが大嫌いでちゅ。
毛が逆立って、警戒している時の、欽ちゃん走りになるくらいでちゅ。
そのくらい猫は、匂いに敏感にゃんでちゅね。

猫好きの人間は、猫の匂いフェチとも言える。
猫の頭の毛は、日向の匂いがするから良いとか…。
肉球の湿った匂いが良いとか…。
お尻の匂いが、たまらない、なんて人もいる。

「ちくわ!今回、つくづく猫の気持ちが、ようわかったわ」
おばちゃんが、言うりとまちゅ。

「おばちゃん、やっぱり、自分の匂いが一番でちゅよ」
「そやな…」

でもにゃ、あたちに言わせれば、どっちもどっちにゃんね。
考えてみたら、おばちゃんの、加齢臭の染み込んだシャツを、一日中、着ていたその人も、お気の毒そのものにゃ。

「ちくわ!なんか言うたか?」
「にゃにゃ、にゃんでもにゃいにゃ」

「おばちゃん、毛布出してくれて、ありがとうごにゃいまちゅ」
「おう…、寒なったからな…」



陽気が安定しない日が続いてまちゅ。
皆様、体調に気をつけて、お体ご自愛くださいにゃ
プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。