FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

 未知との遭遇

2016/ 06/ 19
                 
おばちゃんの座椅子

それはある日のこと

ミシミシ、バシッ!

うん、なんや…。

おばちゃんの座っている、座椅子の座面が音をたて、おばちゃんの尻が沈んだ。

うにゃ、このところ、中年太りに拍車がかかったおばちゃんの、尻の重さに座椅子の座面の中のバネらしきものが、耐えれなくなって、壊れたようだ。

ありゃ、なんだこりゃ!

こりゃ、もう使えんな…。

あ~これは粗大ゴミの日に捨てるか…。

ネットで買った座椅子カバーがもったないなあ~。

おばちゃんが呟いておりまちた。

あたちは、恐る恐るその座椅子の座面を覗き込んだ。

あにゃにゃ!なんとそこには、UFOが着陸した跡のような、穴ぼこができていたんにゃ。



あにゃ、穴ぼこにゃよ

パパパパパア…。

にゃにゃ、これは、未知との遭遇にゃ。

あたちは、さらに勇気をふりしぼって、その穴ぼこの中に、そおっと…。

にゃ、あにゃ…。

これが、案外、良い感じにゃ。

穴ぼこが、あたちの体にフィットして、壊れる前よりも良い感じににゃったんにゃ。

それ以来、座椅子は、あたちがいつも占領する場所となった。





ムムム、フィットして、快適にゃ

なんや、すっかり、ちくわの座椅子みたいやな。

おばちゃんは、こうなると、新しい座椅子が欲しくなってきた。

アマゾンの通販の画面を開いては、ブツブツ独り言を言っている。

そして、何日かしてアマゾンから品物が届いた。

あにゃ、座椅子かと思いきや …。


それは、あたちのサマーベット

これから、暑い夏だからな、籐風で涼しげで良いやろ…。



にゃ、でもなんか、小さくないかにゃあ?
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。