FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

最強猫ブーム到来

2015/ 06/ 09
                 

困った時は、子どもと動物もの…。前にそう聞いたこと思い出した。
これは、TV番組の視聴率を無難にとるならば、子どもか動物を主にした番組という意味だったと思う。
TV離れが進んでいる。原因はなどと今さら話すまでもない。
TV以外に情報をとる手段は幾らでもある。TV以外に楽しみも沢山ある。
それが原因かどうか知らないが、最近やたらTVに猫が登場する。
さすがに猫を主役にしたドラマは、まだないが…、にゃ、失礼、準主役ならある。
某ローカルTVで放送されている「猫侍」それ以前には、「猫タクシー」があった。
これは、猫がかなりの比重をしめている。実際は、猫が主役といっていい。
コマーシャルでも猫が引っ張りだこである。
ゲームアプリの「ねこあつめ」も大人気だ。
去年、あの雑誌クロワッサンで猫の特集を企画した。
そして、続いて、あのアンアンが猫特集を出したのである。
しかも、それがかなりの反響らしいのだ。書店で売り切れが続出しているらしい。
にゃにゃにゃ、これは…「最強猫ブーム」の到来にゃ!



真夏の暑さから一転、例年の陽気に戻り、あたちは体調を崩しまちた
激しい下痢で、少しグッタリでちゅ
ぐれ猫病院で、お薬を処方してもらいまちた


「ちくわ、腹冷やすといかんから、ベットで寝や」
おばちゃんが、押入れからベットを出してくれまちた


ごちんぱいかけまちたが、お薬が効いて、元気になりまちた。
ねこまんま(猫用お粥)がとってもおいちかったでちゅ



ぐれ猫病院でも異変が起こっている!
例年に比べると、野良猫の仔猫の保護が、今年に入ってプッツリ途絶えているのだ。
仔猫の入荷がないため、仔猫待ちの待機者も増えつつある。
他はどうなのかと、ネットで愛護センターの里親募集を見てみると、里親決まりましたとの表示が並んでいる。
にゃにゃにゃ、どうやら、やっぱり最強猫ブームがきているようにゃ
おばちゃんなどは、仔猫触りたい禁断症状が出ている。
「こ、こ、仔猫は…お、お、らんか…」
「おばちゃん!怖いから、やめてにゃ!」
「へ!こんなことになるなら…」
「にゃんにゃ?」
「ちくわ、避妊せなよかったな…、仔猫、いっぱい産めるで…」
「にゃ、おばちゃん!あのさ!」
それにしても、ちまたに野良猫がいなくなったら、世の中どうなるんにゃ
にゃにゃ、そんなこと考えるのやめとくにゃ
おばちゃんがまたしょうもないこと考えるにゃ
「なんや、ちくわ、ちまたに、野良猫がいなくなったらだって?」
「へへへ…、そやな、ちくわは、高う売れるやろな…」
「ほらにゃ…」


スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。