スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち〜チェリーちゃんの勇気



もう、今年も残すところ後3日でちゅ。本当に、一年が過ぎるのは、早いにゃあ〜。


がりこの絵を手に入れたあたちたちは、あたちたちの住む町に帰るために、先ほど来た道を戻って行った。
「しももねえさん、これから帰って、がりこしゃんに会うんにゃね?」
「うにゃあ!この絵を見せて、ハルエさんが、がりこを見捨てたわけではなかったっていう真実を話すんにゃ」
「そう言えば、しももねえさん、あの幼稚園の女の子と何を話してたんにゃ?」
「あの子は、ハルエさんに、がりこに会ったら伝えてって、頼まれたことがあったんにゃ」
「それをあの子は、あたしが、がりこの友だちだと知ったから、頼んだってわけにゃ」
「すももねえさん、一体何をたのまれたんにゃ?」
ジジくんが聞いた。
「にゃあ〜あの子と約束したからにゃ、がりこに伝える前には、誰にも話しちゃダメだってにゃ」
「にゃあ〜そんなこと言われると、余計に知りたくなるにゃわね」
「そうにゃよね。あたちもチェリーちゃんに同感にゃ、しももねえさん、もったい付けてにゃ」
「にゃにゃ!がりこに会った時に、話すにゃよ、あの子との約束だからにゃ」
「そうにゃ、ちくわ、チョコねえさんが絵をずっと加えているの大変だから、あんたがこれを持っててにゃ」
すももねえさんは、そう言うと、チョコねえさんが加えていた絵を手に取り、クルッと巻いて、道端の草の蔓で縛り、それをあたちの背中に背をわせた。
「シャ!これでいいにゃね」
「がりこしゃんの喜ぶ顔が目に浮かぶにゃ」
「あたしたちの行動が、無駄足にならなくて良かったにゃん」
「そうにゃ、チェリーちゃん、ボクも最初は、どうなるかって思ったけどにゃ」
「にゃ、トム、あたしたちの町に帰る車は、何時にゃ?」
チョコねえさんが、帰りの時間を心配してトムくんに聞いた。
「あにゃあ〜急いがないと、今日の最後の便のになってしまうにゃ!」
「にゃに〜、シャ!みんな急ぐにゃよ」
すももねえさんが慌てて駆け出したので、みんなは、追いかけるように後に続いた。
ザワザワ〜ヒューヒュー…
その頃、あたちたちのいる林道の木々の葉が、風で揺らいで音をたてはじめた。
「シャ!にゃにゃ…急に風が強くなってきたにゃん、にゃ…雨?にゃ…」
風が強くなってきたのと同時に、雨が降りはじめた。
雨は、そのまましばらくすると、雨足が強くなってきた。
あたちたちの身体が、雨でずぶ濡れになるには、そう時間はかからなかった。
あたたち、濡れた身体で走り続けていた。その身体では、体温は奪われ、急激に疲れが襲ってきた。
来た時に通った川の側まで来た。雨は変わらず激しく降り続けてい。川は、あたちたちが来た時と違って、水量が増し、流れが急になっていた。
あたちたちは、この頃は、疲れと恐怖で、誰もが無言になっていた。
ヒューヒュー、ザワザワ…、ザーザーザー
風は変わらず吹き荒び、雨が身体を打ち付ける。
ゴーゴー、ザザザーザザザー、
雨で水量が増した川が、勢いを増して音をたてて流れている。
その時、あたちたちを突風が襲った。みんなは、その場に、立ち止まった。
ビュー、ビュー、ビューン
「にゃ…す、すご…い…風にゃ」
「う…うにゃあ…」
「あ…にゃ、と…ばされ、そう…にゃ」
パタパタ…パタパタ…、ヒューン
その時、あたちの背中に、絵をくくりつけていた蔓が強風で一気に解けてしまった。
「あにゃあ〜あ、がりこしゃんの絵が!」
ピューン、パタン、パタン、サッ、サッ
「シャ!ちくわ!どうしたにゃ!」
「がりこしゃんの絵が!、あにゃ!川に落ちるにゃ!」
絵は風に煽られ、林道をクルクル回転し、川に落ちてしまった。
「にゃ、しももねえさん…ど、どうしよう!」
みんなは、為す術もなく、その場に立ちすくんだ。
バシャ〜ン!
その時、川に何かが飛び込む音がした。
「うにゃあ!あたしに任してにゃ!」
それは、流れる川に、果敢に飛び込んだ、勇気あるチェリーちゃんの姿だったのだ。
チェリーちゃんは、流される絵を追いかけて泳ぎだした。
「あにゃ!チェリーちゃん、無理しないでにゃ!」

20141228234251f00.jpg

あたちの次に、被害を被ったチェリーちゃん
あにゃ、くわばら、くわばら
でも、結構、似合うにゃんね




スポンサーサイト
プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。