スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち〜着いたものの




ある日のこと

「うん…、ちくわ、シッコか…」
「う…なんや、また、シッコか…」
「え!また、シッコ!」
「ちくわ!いつから、頻尿になったんや…」
「にゃ…シンニョウ?」
「シンニョウやない、頻尿や!」
「えええ〜!ちくわ!シッコが赤いやないけ!血尿や!大変や!」

そうでちゅ、あたちは、膀胱炎になってしまったのでちゅ
おばちゃんは、嫌がるあたちを、荷物を詰め込むみたいに、今は身体が大きくなったので、窮屈になったキャリーバックに無理くり押し込んだ。
着いた先は、ぐれ猫病院、先生に久々に会ったのは、うれちかったけど、久々の外出は、とても緊張ちまちた
太ったあたちに、先生は新しいニックネームをつけまちた。
診察台に怖くて、ペタッとへたりこんだ下膨れのあたちを見て、“タラコ”だって
にゃにゃ、確かに!相変わらず、先生はあだ名をつけるのが上手でちゅ
あたちは、お注射をして、お薬を処方してもらいまちた。
運動量の減る冬場、肥満傾向の猫で、お水をあまり飲まないと、膀胱炎になりやすいとのことでちゅ
寒いからといって、オシッコを我慢するのもいけまちぇん

「ちくわ!横着せんと、ちゃんと便所いけや!」
おばちゃんが叫んでおりまちゅ

慢性化しやすいとのことで、みなさんご注意下ちゃいにゃ

ところで、ぐれ猫病院は、めでたく10周年を迎えたとのことでちゅ
かわゆい、サクマドロップぐれ猫病院版をいただきまちた
12月から新装オープン!おめでとうごにゃいます


ちくわ改め、“タラコ”もいいかもにゃ…


赤い郵便配達車は、あたちたちの待つポストの前に止まった。
運転席から人が出てきて、車の後ろのハッチを開けた。作業員は、配達物が入った袋を取り出すためにポストへ向かった。あたちたちは、その隙に、車に乗り込んだ。それぞれに身を隠したあたちたちは、じっと声を鎮め、作業員が作業を終わるのを待った。暫くして、配達物の入った白い大きな袋が積まれ、ハッチが閉られ、車が発車した。
「にゃああ〜楽しいにゃあ〜!」
「シ〜!チェリーちゃん、声がおおきいにゃよ、静かに、気づかれちゃうにゃ」
チェリーちゃんが興奮して言ったので、あたちは慌てて制した。
「にゃ、いつもトムくんは、いつもこうやってやって来るんにゃね」
「チェリーちゃんそうにゃ、配達車は、配達の路線がたくさんあるからにゃ」
「バスみたいに使えるから便利にゃんよ」
「これを乗り継いでいけば、結構、遠くまでいけるんにゃ」
「にゃにゃ、良く考えたにゃね」
「トム、この車でどこまで行くんにゃ?」
チョコねえさんが聞いた。
「にゃ、この車が、10回目に停車した所で降りてから、その施設まで歩いて行きましょう」
「このパンフレットの地図を見ると、そこから僕らの足で20分位で着くと思いますにゃ」
あたちたちは、トムくんの言った10番目に停車した所で、車を降りた。
あたちたちの降りたポストの置かれていた所は、古い酒屋の前だった。そこから店の裏の林の中に入って行った。暫く歩くと長閑な田園風景が広がった。そのまま田んぼの畦道を歩いていると、何か聞こえてきた。
ゲコゲコ…ゲコゲコ…
カエルの声が聞こえてきた。
「にゃにゃ〜トムくんとっても良い所にゃね」
「ね、チェリーちゃん、あにゃ、チェリーちゃんがいないにゃ?」
「ちくちゃん、あそこにゃ」
トムくんが言った。
トムくんが指す方向を見ると、すももねえさんチェリーちゃんは、田んぼの前で戦闘態勢をとっている。
ゲコゲコ…ゲコゲコ…
その視線の先には、カエルがいた。
「あにゃ、ボクも参戦するにゃ!」
ジジくんが駆け寄ったその時、そのカエルがピョンと飛び上がった。
「にゃにゃあ!」
二人も同時に、飛び上がった。
「にゃあ〜びっくりしたにゃ」
にゃはははは、笑いが沸き起こった。
「にゃ…こんなことしてる場合じゃなかったにゃ…」
すももねえさんが我に返って言った。
「シャ!トム、案内してにゃ!」
「にゃ、あの高台に少し見えるのが、その建物だと思いますにゃ」
「ここからは、こちらの道を登って行きましょう」
あたちたちは、トムくんの先導で歩き出した。
ザザ〜ザザ〜
「なんにゃんにゃ、あの音は?」
「ちくちゃん、川の流れる音にゃよ」
チョコねえさんが教えてくてた。
あたちたちが歩いている林道の近くには、小さな川が流れていた。
田んぼといい、川といい町育ちのあたちには、はじめて見る風景がとても新鮮だった。
「トム、まだ、着かないのかにゃ、疲れてきたにゃ」
ジジくんが変わらない景色にも飽きてきたのか言った。
「みんな、もう少しにゃよ、頑張ろうにゃ」
トムくんの言葉に励まされ、気を取り直して暫く歩くと、その施設の建物がやっと視界に入ってきた。
「すももねえさん、着いたようにゃ」
「シャ!そのようにゃね」
施設の門の前まで来た。そこには、大きな桜の木があった。その横に、特別養護老人ホーム「ほほえみ園」と書かれている看板があった。3階建ての白い大きな建物だ。
大きな駐車場の中を通り、正面玄関の前に来た。そこは、ステンドグラスの綺麗な装飾のガラス戸と大きな自動ドアの入口がある。
果たして、この建物のどこかに、はるえさんはいるのだろうか。
みんなは、それぞれ建物を見上げていた。
「にゃにゃあ〜!」
その時、ジジくんがが大きな声をあげた。
「一体、どうしたんにゃ、ジジ!」
「すももねえさん!ボクたちは、重大なことを忘れているにゃ!」
「ジジくん!何んのことにゃ?」
あたちは、不思議に思って言った。
ジジくんの言った通り、あたちたちは、苦労してここまで着いたももの、最も重大なことを忘れていたのだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。