スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち〜がりこの思い〜

病院内に潜入することができたあたちたちは、それぞれ待合室のソファや本棚などの隅に隠れた。
「おい!いったい何の騒ぎだあ〜?」
奥から誰かの声がした。
「ああ〜びっくりしたわ」
「家の駐車場で雄猫同士が喧嘩してて、その一匹が家に入り込んで来たのよ!」
「それで、その猫は、まだ部屋にいるのかあ〜?」
「今さっき出て行ったわ」
二人の会話の様子から奥にいるのは、この病院の先生で、ドアを開けたのは先生の奥さんのようだ。
奥さんが奥に入っていったのを見計らって、あたちたちは姿を出した。
「トム、なかなか迫真の演技だったにゃ」
「へへへ、チョコねえさん、こう見えてもぼくたちは、一応雄猫ですからね」
ジジくんは、外であたちたちが出て来るのを待っているようだ。
待合室のあたりを見回しても、がりこの姿はないので、どうやら診察室の方にいるようだ。
あたちたちは、待合室の受付のカウンターに飛び乗り、その奥の診察室に入って行った。
そこには、動物が診察を受ける診察台あり、他に薬棚やレントゲン設備などがある。
「にゃにゃ〜びびるにゃね」
「シャ!あたしは、病院は嫌いにゃよ!」
「しももねえさん、別に診察するわけにゃにゃいのににゃ!」
「肉球の足跡がベッタリにゃ」
診察台の上にすももねえさんの熱をもった肉球の足跡がビッシリとついた。
「ちくわ!あんただって、びびってるにゃにゃいの!」
「にゃにゃにゃ…そうにゃ、あたちは、注射は嫌いにゃ!」
「シャ!好きなやつなんて、誰もいにゃいにゃ!」
「がりこは…どこにゃろ?」
「チョコねえさんこっちにゃ!」
診察室の隣は、ペットホテルも兼ねているようで、いくつかのゲージが置かれていた。
がりこは、そのゲージの隣にガラスの保育器のようなケースに入れられていた。
がりこは、あたちたに気づいていたが、それを気にすることなくケースの中で横たわっていた。

20140524225207844.jpg

「がりこ!身体の具合はどうにゃ?」
チョコねえさんが話しかけたので、がりこが頭を持ち上げた。
「あんた…誰にゃ?」
「なあ…前に何処かで会ったような…」
「寿司屋で一度会ったにゃ」
「ああ〜そうにゃ…あの時にゃ」
がりこは、相変わらず薄汚れているが、外にいる時よりは息も荒くなく、落ち着いているようだ。
「あたしはチョコにゃ、そしてここにいるのは、あたしの仲間にゃ」
「みんなも一度は会ってるにゃ、あの寿司屋でにゃ」
「なあ…そ、そうだったにゃ…」
「なあ…ところで、あ、あんたたちは、ここへ何をしに来たんにゃ?」
「あんたを助けに来たんにゃよ!」
「なあ…こ、このあたしを、た、たすける…だって?」
「そうにゃ、あんたをここから逃がすんにゃ!」
がりこがチョコねえさんの話しにびっくりして、あの細い目を見開いた。
「がりこ!あんた明日には、愛護センターに連れて行かれるにゃんよ」
「それがどういうことか、わかってるにゃ!」
「なあ…そんなことは…わっかるにゃ」
「がりこさん、ぼくたちと一緒に逃げましょうにゃ!」
「なあ…、あんたたち…そんなことだったら、とっととお帰りにゃ!」
がりこが強い語調で言い放った。
「あたしは、疲れてるんにゃ、放っておいてなあ!」
「にゃにゃ!がりこしゃん、明日センターに連れて行かれたら、二度と生きて帰れないにゃよ」
「そんなことは、あんたに教えてもらわなくても、承知してるなあ!」
「じゃ、なぜにゃん?、命は惜しくにゃいにゃ?」
あたちは、がりこに言った。
「あたしはいずれ死ぬんにゃ…それも、そう長くないうちににゃ」
「だから、それが少し…早くなっただけのことにゃ」
「この世にはにゃ、何の未練も…にゃいなあ…」
「がりこさん、お言葉ですが、それは、あなたの本心ですにゃ?」
「なあ…ふん、お前のような若造が生意気な…」
トムくんの話しにがりこが言い返した。
「がりこ…あたしは、あんたに会った時からずっと気になっていたんにゃが…」
「あたしたちは死が迫ると、身を隠すものなのに…」
「病の身体で人前に現れたのには、何かあるとみたが、どうにゃ?」
「………」
がりこは、チョコねえさんの問いに何か考えるように沈黙した。
「がりこさん、ぼくたちにできることがあったら、言って下さいにゃ」

次回に続く




縄張りの見廻りにお出掛けのチョコねえさん

本日のおまけ

おばちゃんたちは、あたちたちに、時々困ったことをする。
その一つに、あたちたちに洋服を着せるという行為がある。
服を着ると、どうしていいかわからないその様子を見て喜んでいるにゃ
まったく、迷惑極まりないSMチックなこの変態行為に断固抗議するにゃ!

お題 困惑

おばちゃん、いい加減、やめてにゃ!

お題 忍耐

しももねえさん、案外似合ってる???

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。