スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち〜がりこの運命〜

チェリーちゃんの話によると、寿司屋の側を通ると、人だかりがしていて、不思議に思い近くまで行って様子を見ると、一台の車の前に倒れているがりこを見たとのことだった。
あたちたちは、寿司屋へと続く秘密基地の前の農道を急ぎ足で駆け下りて行ったのでした。



農道を下り、小学校の体育館の脇の狭い獣道を抜け、コインパーキングの駐車場に出る。そこを突っ切ると、寿司屋の前の車道に出る。そこから少し下った十字路の門にゴミ置き場があり、そこまで来ると、人だかりが目に入ってきた。

「あにゃ…さっきよりも人が増えてるにゃ…」
チェリーちゃんが人だかりを見て言った。
「にゃあ!パトカーも止まってるにゃ…警察が来てるようにゃね」
「何か…やっかいなことになってるようにゃ…」
チョコねえさんが心配そうに言った。
「しももねえさん、がりこしゃんは、死んじゃったんにゃ?」
「うんにゃ…ここからだとわからにゃいから、もう少し側まで行ってみるにゃ」
「みんなで行くと目立つから、あたしとちくわの二人で近くまで行ってみるにゃ」
「ちくわ!さあ行くにゃよ」
「にゃにゃ…」
あたちはすももねえさんの後に続いた。

人だかりがあるのは、がりこの面倒を見ている設備会社の事務員のヨウコさんのいる事務所の前でした。
見るとその輪の中にヨウコさんの姿もあり、警官と何やら話をしていました。
がりこは、その警官の足元に横たわっていました。

「しももねえさん…やっぱり…がりこしゃんは…」
あたちがそう言いかけた時、がりこが少し頭を持ち上げました。
「にゃにゃ…、ちくわ、死んでにゃいにゃ…大丈夫そうにゃ…」

がりこを取り囲んで、みんなが話をしているのが聞こえてきたました。
その場は、警官と一触即発の緊迫した状況で、ヨウコさんを中心に警官に詰め寄っていました。

「どうしても、連れて行くというんですか!」
「そう言われてもですねえ〜、こちらに住民の方から通報があったのでねえ…」
「何もなかったことには…できないんですよ…、はあ…」
「ここでみんなで面倒を見ていたんですよ!」
「そんなに長くないんだから、ここで暮らしてあげさせることくらい、何ということもないでしょ!」
「う〜ん、この中の、どなたが責任を持って飼っているわけでは、ないのですから…」
「連れて行ったら、殺されてしまうんでしょ!」
「それをわかっていて…連れて行くって言うんですか!」
「はあ…そう言われましても…、あなた方のお気持ちはわかりますが…」
「このままでは…危ないですし…」
「う〜ん…そうですねえ〜…捕まえに来たが…逃げてしまったことにでも…」
ワイワイ、ガヤガヤ…
警官が何とか打開策を提案したのですが、肝心のがりこは逃げるどころか、その警官の足元で、誰にでもするように寄り添っている。
結局、集まったみんなの願い虚しく、がりこは、警官に連れて行かれてしまうことになってしまったのです。
警官は車の後部座席に置かれた段ボール箱をパトカーから取り出しました。
そして、その箱の中にがりこを入れたのでした。

「しももねえさん!がりこしゃんは連れて行かれちゃうにゃ!」
「シャ!どうすることもできにゃいにゃ!」

ガリコ道路

fc2blog_20140415104601f97.jpg








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。