スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち~引出し猫

おいたち
シャンプーして綺麗になったあたち

あたちはおばちゃんと一緒に暮らすようになって3年ほどになる。
すももねえさんやぐれ猫仲間たち、みんな小さな頃に人間から保護され人間と暮らすようになった。
あたちもあんずちゃんと同じで、母親から独り立ちして暮らしていた頃に人間に保護されたのだ。
あたちが暮らしていたのは、小さな公園の物置の下だ。ご飯はゴミ置場が近くにあったので、そこに置かれた残飯が主だったが、カラスとの奪い合いがあるので、小さなあたちには危険も伴っていた。何とか飢えを凌ごうと、このあたりを散策して、一軒の寿司屋さんを見つけた。その店からでる残飯には、アルミホイル、木屑なども混じっていたが、あたちはそれまでも口に入れた。あたちは生きていくために必死だったのだ。
食べ物屋の近くでは、人の目につきやすかったので、ある日、誰かが通報し、あたちのことを人間が捕まえにきたのだ。
あたちは、網を持った大きな人間の男に追いかけられた。狭い路地に駆け込み、アパートの壁をよじ登り、必死に逃げたが力尽きたあたちは、逃げ切ることができずに捕まってしまった。
人間に捕まったあたちは、小さな引き出し型になっているファンシーケースの中に入れられた。
その中には、牛乳と煮干しが入っていたが、恐怖でパニックに陥っているあたちにとって、それは無用な物だった。
暗いケースの中から脱出しようと、出口を探して必死になった。爪をたててプラスティックの壁を引っ掻いた。身体をぶつけてもがいたが何ともならなかった。そのうち箱の中の牛乳がこぼれ、身体が濡れた。グッショリとなった身体は寒さのためと恐怖でガタガタと震え続けた。ケースは車に乗せられ、どこかに向かって走り出した。
車の中の人間が誰かと話をしているのが聞こえてきた。この頃は、まだ人間の言葉がわからなかったあたちだが、“保健所”という響きが、あたちの恐怖を更に大きくした。
「おかあちゃん!助けて!」
悲しくて怖くて何度も叫んだが、そのうちに濡れた身体が体温を奪い、意識が遠のいていった。
そして、車が着いた所は保健所ではなく、あのぐれ猫病院だったのだ。


病院からおばちゃんの家に行くまでのお披露目
「ちかれた〜もう勝手にしてにゃ…」無抵抗なあたち

「ようこそ!引き出し猫ちゃん!」
ぐれ猫病院の先生は、そう言って、あたちを抱き上げた。
その温かい手に包まれた時、何故だかわからないが、あたちは安堵した。
ここは大丈夫だと直感したのだった。
あたちたち猫は、危険な者、安心な者、野生の感性で敏感に感じとることができる。
あんずちゃんのおばあもぐれ猫先生と同じで、“いのち”あるものに隔たりなく、限りない愛情を持っている人のひとりなのだ。

あたちは、ぐれ猫病院で、蚤だらけの身体を綺麗にシャンプーしてもらい、悪い病気ないかどうか検査をし、美味しいご飯をいただき、これまでの野良猫生活からは考えられないような、安心した生活を送るようになった。

そんなある日、ぐれ猫病院の待合室にあるゲージの中で、お昼寝をしているあたちを抱き上げる人間がいた。
薄目を開けたあたちと目が合ったその人間は、満面笑みを浮かべていた。
「ちくわや〜、探してたんだよね。ちくわを…」
これがあたちと一緒に暮らしているおばちゃんとの初めての出会いだった。
おばちゃんはあたちの里親となって、あたちを自分の家に連れて帰ったのだった。





生後2ヶ月頃、家での一コマ

「にゃにゃ!そろそろ時間にゃわ!」
「ちくちゃん、一緒に行こうにゃ!」
あんずちゃんの話しから、小さな頃の回想をしていたあたちにあんずちゃんが話しかけた。
「あんずちゃん、これから何処に行くにゃんて?」
我に返ったあたちは、あんずちゃん言ったことがわからなかったが、そのまま着いて行くことにしたのだった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。