スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち~ボロ雑巾の地域猫~



「なあ…なあ…なあ…」

鳴き声のする方に振り返ると、道路を挟んだ向こう側の古い民家の玄関先に、薄茶色の物が落ちているのが見えた。
それを暫く眺めていると、その物体は少し動いたので、あたちはびっくりして声をあげてしまった。
「あにゃあ~何にゃんにゃ?あれにゃ!」
あたちが叫んだのを聞いて、みんなは一斉に振り向き、その怪しげな物体を見ました。
「ちくちゃん!いったい、どうしたにゃんか?」
ジジくんが言った。
「あの変な物が動いたにゃ!生き物みたいにゃんよ」
「シャ!生き物だってにゃ!ただのぼろきれにゃん」
「にゃあ~すももねえさん、あれは誰かが捨てたボロ雑巾にゃよ」
「にゃにゃ…臭そうにゃ、とっても生き物には見えにゃいにゃ」
「ちくちゃん、あれがほんとに動いたにゃ?」
「そうにゃ、チェリーちゃん、あたちにはか細く鳴く声も聞こえたにゃ」
その時、そのボロ雑巾がゆっくりと立ち上がった。
「にゃにゃにゃ~、ボロ雑巾が動いたにゃ!ボロ雑巾が生きてるにゃ」
「雑巾が生きてるわけにゃいでしょ!あれは、なにかしらの生き物にゃ」
チェリーちゃんがそう言ったのを聞いてチョコねえさんが答えた。

ガリコ道路
瀕死のがりこ

立ち上がったボロ雑巾のような生き物は、こちらに向かってゆっくりと歩き始めました。
その怪しい生き物は、歩くのもやっとのようで、少し歩くと息があがっていました。
そしてあたちたちのいる場所に近づいて来ました。
「にゃにゃ~、血が出てるにゃん!」
「本当にゃ、怪我しているにゃ!」
「にゃ,車に轢かれてしまったんにゃ?」
「にゃあ~その身体、いったいどうしたんにゃ?」
「にゃにゃにゃ!凄いにゃん相にゃ!びっくりにゃ」
みんなはその生き物を目の当たりにして騒然となりました。
そばに来たそのボロ雑巾の正体は、傷だらけでガリガリに痩せ細った猫だったのです。
「ハアハア、ゼコゼコ、なあ、なあ…」
「み、み、水を…、ち、ちょう…だい…ハアハア、ゼコ、ゼコ…」
その猫は喉が渇いていたのか、あたちたち用に寿司屋の駐車場に置かれた水を見つけると、側にいるあたちたちには目もくれずにその水を飲み始めました。


脱水症状から水を欲するがりこ

あたちと同じ茶白のその猫の身体は、あばら骨が浮き出しているほどにガリガリに痩せ細っていました。
全身の被毛は薄赤い色でベットリと固まっていて、事故か何かにあって流血しそれが固まってしまったように思われました。




その顔も凄まじいものがありました。
目は般若のお面のような黒目のない白目をむいた細い目、歯が抜け落ちたため舌先が飛び出ている口元。鼻のあたりは強打したのか腫れているようで、傷跡もいくつかありました。
そのはまるで、試合でボコボコに殴られた後のボクサーの顔みたいで、あたちには、手塚治虫の漫画に登場するギャグキャラクターのヒョウタンツギを連想させました。



201402152338206f1.jpg
手塚治虫の漫画に登場するヒョウタンツギ(ガリコイメージ)

「あんた!いったいどうしたんにゃ?」
チョコねえさんがその猫に声をかけました。
その言葉が聞こえているのかいないのか、ぼろ雑巾猫は、あたちたち一人一人をその細い目で見やりました。
その時、その猫の身体から無数の蚤が飛び跳ねました。
よく見るとその身体には、恐ろしいほどの数の蚤が蠢いていたのです。
「わあにゃ~蚤にゃん!しかも凄いたくさんにゃ~」
「やばいにゃ~移るにゃ~」
「わにゃ~あたしの所に近寄らないでにゃ」
「わにゃ~あっち行ってにゃ!」
「ぼ、ぼくに寄らんでにゃあ~」
「シャ、シーシー、あっち行ってにゃ~にゃあ~みんなあ~逃げろにゃ」

蚤が蠢いていたのを見たあたちたちは、移ったら大変とパニックに陥りました。
そして、あたちたちはその場から我先にと一目散に逃げて行きました。
その場に一人残ったボロ雑巾猫は、水を飲み終えると疲れたようで、そのまま倒れ込んでしまいました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。