スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がりことぐれ猫たち〜ねこカフェVS駄ねこカフェ1

2014013016015817a.jpg

201401301559051d8.jpg

5階建ての白い大きなビルの最上階に、ねこカフェ『クアトロ・ガッツ』はあった。
その店の入口には、お店で働くにゃんこたちのファンからの花束が飾られている。それはまるで猫のキャバクラのような所で、知る人ぞ知る超人気店なのだ。
入口の扉の猫の肉球の形をしたドアノブを回し、店に入ると広い大理石の玄関で、入店者はそこにある受付のカウンターで来店の手続きをする。ここは会員制なので、一定の基準を満たした者しか出入りが出来ようなシステムになっている。
始めての入店者は、まずここで人間のスタッフから、利用料金や店内での注意事項、マナーなどを聞かされるのだ。

「シャ!人間の男が喜んで出かけて行く…にゃんにゃったか…あれにゃあれ…にゃ、シャ…シャバクラみたいにゃ!」
ジジくんの話を聞いていたすももねえさんが言った。
「すももねえさん…それを言うなら…キャバクラですにゃ」
「そうにゃ!トムくん、そのシャバクラに、ご丁寧にもお金を払って行くにゃんてにゃ、人間ってアホにゃ」
毎度のことだが、すももねえさんは自分の言い間違いに気づいていないようだ。
「シャバクラ、『クアトロ・ガッツ』だって…、まあ、名前だけは気に入ったにゃ」
「しももねえさん、それはどうしてにゃ?」
あたちは、すももねえさんにその理由を尋ねた。
「ちくわ!『クアトロ・ガッツ』というのは、4匹の猫という意味にゃんよ」
「実際に存在していたスペインの有名なカフェの名前にゃ」
「ふにゃ〜あ…、そうにゃんにゃあ〜」
「そのカフェはにゃ、大変歴史がある老舗で、19世紀末を代表する芸術家たちの溜まり場だったっていう話にゃんよ」
すももねえさん得意のウンチクが始まった。
「にゃあ〜昔から芸術家は猫が好きにゃんにゃ〜」
「猫はにゃ〜芸術家に多くのインスピレーションを与えるからにゃんよ」
「にゃあ〜、ダリ、マティス、ピカソ、クリムト…」
「ジャン・コクトー、アンディ・ウォーホール…」
「にゃ!小説家では、ヘミングウェイが有名にゃ…」
「日本の浮世絵にも猫を描いた作品が数多いにゃんよ、江戸時代の浮世絵師、歌川国芳は大の猫好きにゃ…」
そうなのだ、昔から猫は小説家、画家、写真家など多くの芸術家から愛されている。

20140130214325e8f.jpg
ダリ
201401302143267fb.jpg
マティス
20140130214328919.jpg
ピカソ
20140130214329e1b.jpg
クリムト
20140130214331598.jpg
ジャン・コクトー

『クアトロ・ガッツ』の店内には、これらのアーティストとその愛猫の写真も飾られていた。

「ジジくん、お店の中はどんな感じだったんにゃ?」
チェリーちゃんが話の続きを聞きたくて促したので、ジジくんは話を再開した。
「そこはにゃ〜、ぼくらが暮らしいる部屋の感じとは、まったく違うんにゃ」
「そうにゃな…日常生活から離れた異空間にゃ、一言でいうなら…竜宮城にゃね」
「竜宮城?浦島太郎の?ジジくんそれじゃ…余計わかんにゃいにゃ〜」
「そうにゃ…ね、チェリーちゃん…、にゃあ〜!そうだわかった!ハーレムにゃ!ハーレム!」
「にゃあ〜ハーレム!にゃって!」
チェリーちゃんが素っ頓狂な声を出した。

『クアトロ・ガッズ』の店内は、クラシックの優雅なBGMが流れ時間もゆったりと流れている。
天井のシャンデリアに照らしだされた室内は、ふかふかの高級絨毯のひかれたフロアの上に、イタリア製の淡いピンクのソファにマホガニーのテーブル、その脇に置かれた白いシェードのスタンド、その他の調度品もどれを見てもみな豪華なものだ。
ジジくんはその店内にこっそり潜入し、革張りのピンク色ソファーの陰に隠れた。
人間のお客さんは、そのソファーに座り、お気に入りの猫を指名してそのにゃんこと戯れるのだ。
テーブルの上には、ドリンクメニューの他に、お店の猫たちの顔写真とプロフィールが書かれた物が置かれている。
店には、常に20頭ほどの猫たちが働いていた。その子たちはみな外国の猫たちだ。
チンチラ、ノルウェージャンフォレストキャット、ブリティッシュショートヘア、スコティッシュホールド、ラグドール、メインクーン、アメリカンショートヘアー…みなペットショップなどにいる子たちだ。あたちたちのような日本猫は一匹もいない。まして野良猫なんているはずもなかった。
みんな気品があり、実に優雅で、その立ち居振る舞いは、野良猫出のあたちたちにはとても想像ができない。
ジジくんは、みんなに気づかれないように息を潜め、その様子をじっと見ていた。
耳を欹てると話し声が聞こえてきた。

20140130161526840.jpg

「にゃあ〜そろそろ…開店にゃわね」
「今日は、早く帰れるかしらにゃ〜」
…ざわざわ…ざわざわ…

201401301615298af.jpg
お店三番人気、ノルウェージャンフォレストキャットのパールちゃん

「マロンちゃん、今日も一日お仕事にゃわね」

201401301615282dd.jpg
お店二番人気、ブリティッシュショートヘアのマロンちゃん

「にゃ…ほんと…憂うつにゃわね、パールちゃん」
「面倒なお客様、来ないといいにゃわ」

20140130161531b14.jpg
最近人気急上昇、スコティッシュホールドの双子、リリーズの二人

「そうにゃ…しつこいお客様は勘弁にゃ」
「店内のマナーを守っていただかないと…困るんにゃわ」
「『無理なお触り禁止!』『寝ているのを邪魔しない!』

2014013021414105f.jpg
ダントツ一番人気、チンチラのミルクちゃん

「ふふふ…、にゃ、みなさん、それは無理にゃわね」

「にゃにゃあ、ミルクちゃん、ご機嫌いかが」
マロンちゃんが声の方へ振り返り、ミルクちゃんにあいさつをした。
「にゃあ〜、ご機嫌よう、みなさん」

ミルクちゃんが談笑しているみんなの所にやって来た。
この店の一番人気は、チンチラのミルクちゃんだ。
ミルクちゃんは、雪のような真っ白な毛色のゴージャスな長毛種で、その瞳はくっきりとアイラインを引いたような目元とその瞳は深い森のようなグリーン。口は程よい大きさで育ちの良さをうかがわせる。
ミルクちゃんは、その素敵な容姿とエレガントな身のこなしから、この店で働く傍、コマーシャルなどにも出演している超人気アイドルにゃんこなのだ。ガール&シーポーティのデザイナーブランドの猫モチーフコスメ、キャットフード『にゃんプチ』などのモデル猫としても活躍中だ。

「ミルクちゃん、さっきの話だけどにゃ、それってどういうことにゃ?」
「マロンちゃん、考えてみてにゃ…」
「あたしたちってとっても魅力的にゃ、だから、マナーとか言っても、所詮、無理にゃってことにゃのよ」
「人間は、あたしたちを触りたい欲望を我慢できにゃいのよ…ふふふ」
「にゃにゃあ〜そうだったにゃわ」
「にゃあ〜…美し過ぎるあたしたち…とても罪にゃわ」
マロンちゃんが自分に酔いしれるようにうっとりと呟いた。
「にゃ、パールちゃん!そう言えば…、最近、新しい子がお店に入ったって聞いたにゃわ?」
「ミルクちゃん、その子はプリンちゃん…ていう子にゃわ、マンチカンの…」
「そう、マンチカンの…それは、とっても個性的な子にゃわね」
ざわ…ざわ…
みんなは、最近入ってきたマンチカンのジーナちゃんの噂話しを始めた。


ジジくんは、ソファの影から、雪のように真っ白な毛色のミルクちゃんに見とれていた。
そして、ミルクちゃんに思い切って声をかけた。


本日のおまけ

最近おばちゃんはダイエットを始めた。
コレステロールの値が急上昇したため、ドクターからの緊急命令が下った。
そこで、せっせと野菜中心のメニュー作りに励んでいる。
さて、さて、いつまでつづくことやらにゃ

20140202134955357.jpg
ブロッコリー、アスパラ、かぼちゃの温野菜サラダ
レタス、パプリカ、きゅうり、ミニトマトのサラダ
白菜、キャベツ、大根、豚バラの鶏ガラスープ煮
ブルーベリーヨーグルト

「ちくわ!お前もダイエットしいやぁ〜、ウサギみたいにぷんぷくりんやないけ!」

201402021349540ac.jpg

「そんな…ちらにゃいにゃ!あたちには、関係にゃいにゃ…」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。
今日のドカ雪はすごいっすねぇ。。。

新しいブログ立ち上げました!
リンクよろしくお願いいたします~~。

Re: No title

ブログ新装オープンおめでとうにゃ
昨日はここは雪国かと錯覚するくらいでしたにゃあ〜
にゃ、あたちはずっとおこたの中だったけどにゃ
プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。