スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリコ物語3

さて、所変わってここは、ぐれ猫病院でちゅ
春のシーズンに生まれた仔猫たちのラッシュで連日大忙し
人気のキジトラちゃん7匹に続き
さらにこの子たち
今度は柄もいろいろにゃ

ガリコバディ子猫2
くろちゃんは気の強い女の子、サバトラちゃんもプリティちゃんでちゅ
黒白ののり弁くんは男の子

ガリコ2バディ子猫
大人しいにゃね、こちらは同じく黒白のり弁ちゃん女の子

先生とこは、まるで野良にゃんこの保育園にゃ

ガリコ2隊長ねこ

これは、のり弁くんと新たに保護されたキジトラちゃん
二人ぴったりくっついて仲良しにゃね
おばちゃんの前の会社の人が里親を引き受けてくれまちた
バスくんとマロンちゃんっていう名前になったにゃ

ドンとおばちゃんは、先生にガリコしゃんのことを話していまちた
ある日、里親の件で、病院に来ていたドンとおばちゃんは
その日は、思い切って、先生に話を切り出しました
それは、蚤のフンだらけで真っ黒になった
まるでぼろ雑巾のようなガリコしゃんを、きれいにしてもらえるかとのお願いでちゅ
こちらの心配をよそに
先生は、ニタニタしながら承諾してくれまちた

よかったにゃ、ガリコしゃん
これで、里親さんと主治医の先生も決まったにゃ

さて、ガリコしゃんの話に戻りましょう
ガリコしゃんが保護された翌日、おばちゃんは朝一に、緊張の面持ちで
ガリコしゃんがいる病院の先生に連絡をちまちた
気管支が悪いと思われるので、抗生剤を投与したことと
食事も食べたことを先生は話してくれました
おばちゃんは、ガリコしゃんの里親が決まったことを
先生にうれしそうに報告しました
そして、そのまま引き取りに行くことを話しました
先生は、おばちゃんの話を黙って聞いていまちたが
おばちゃんが話し終えるとおばちゃんの期待とは逆に
このように告げました

ガリコしゃんは、先生の判断では返すことができないということです
里親が引き取りに行くっていうのに、どうしてか
おばちゃんが尋ねまちた
行政が関わった以上、手続きをふまないと無理とのことで
先生は、保健所に相談するようにと教えてくれました

おばちゃんは、さっそく保健所管轄の愛護センターに電話しました
担当者は、今、ガリコしゃんの所在は、横浜市にあるので
今度は、区役所の環境衛生課に相談するようにといいました

ややこしい話ですが
要するに、警察に通報があり、保護されたガリコしゃんは、飼い主が手放したことにより
ガリコしゃんの所在は、横浜市の物になったのです

にゃにゃ~、横浜市も物好きにゃ
にゃ、好きでしているわけではないでしょが
あんなぼろ雑巾のような、薄汚れたしかも老衰でよろよろしている
超高齢猫のガリコしゃんを所有する権利にゃよ

さらに、それを必死に奪還しようとしているおばちゃんたちも
もっと、おかしい人たちにゃ
これは、考えれば、考えるほどコメディにゃね

最初は、必死だったおばちゃんも、途中からおかしくなってきたんにゃって

そうこうしていると、おばちゃんの携帯に着信がありまちた

区役所の環境衛生課の○○さんからでちゅ
担当者は、若いおねえさんです
おばちゃんは、ことの顛末の一部始終を充分に説明しました
いかにも、のんびりとした部署的な匂いの、ぷんぷんする話し方のおねえさんは
こちらにとても同情的であり、そしておばちゃんに、ガリコ返還の手続きの説明をしてくれました
“高齢で衰弱の激しい猫の返還手続き”とやらを、何度も何度も真顔で、
繰り返し説明している様は、ことのほかこの話をさらにおかしくしたんにゃ

ガリコしゃんは、愛護センターには行くことがなくなり、すったもんだの末、
最終的にドン、お気楽さん、おばちゃんの三人が、ガリコしゃんと再会できたのは
区役所の環境衛生課でした。
そこで、所定の申請書に必要事項を記入し、返還料を支払い
地下の暗い倉庫の中に、ガラスのような透明なプラスティックケースに入ったガリコしゃんを
やっと引き取ることができたんにゃ

ガリコ2奪還

その後、ガリコしゃんは、役所で借りたキャリーケースに入り、一旦お気楽さんの事務所で休憩をとり
夕方、ドンの車で今度は、ぐれ猫病院に行きまちた

先生、ガリコしゃんを見るなり
「意外ときれいじゃない」とニヤニヤしてひと言

ガリコしゃんはというと、昨日からの居場所を転々とした移動の連続に
疲れている様子も見うけられず
移動数ヶ所めとなる病院のゲージに、自ら実に堂々と入っていったそうにゃ

その様は、まるで田舎の由緒正しい旧家の堂々たるばあさんのような振る舞いであったということにゃ

にゃ!ほんとかいにゃ

ガリコしゃんこと、はなばあさん
今頃、舌だしてニンマリしてるにゃ
してやったりってにゃ

ガリコ2バディにて

ガリコしゃんは、その後、先生の病院で、特に何のご不満もなく、ニ晩を過ごした後、
終の棲家であるお気楽さんのお家に、引き取られていきまちた

たくさんの蚤にくわれて
貧血と脱水をおこしているものの、食事は良く食べてるということなので
とりあえず、安心です

ガリコ2終の棲家


ガリコしゃんみたく、一所懸命に生きていれば、その思いは最後には叶うんにゃ

ハッピーエンドで良かったにゃね、ガリコしゃん

それでは、ガリコ物語  これにてめでたし、めでたし


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

物語を読んで、どうなることやらドキドキしてしまいました。皆さんが頑張って、はなちゃんが安心出来る場所が出来て、本当に良かった!!安心しました(=^▽^=)お疲れ様でした、そして、はなちゃんお幸せに(=^▽^=)

Re: タイトルなし

人間も動物も命あるものは尊いです。今回の出来事で、そのような思いを強くしました。
ガリコを助けようとみなが思ったのは、結局、ガリコの生きていたいという強い思いを感じたからなのでしょうね。
プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。