スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリコ物語1

ガリコちくわさくらんぼ

今日から7月にゃ、梅雨があければ本格的な夏にゃね
このさくらんぼは、あたちのお兄ちゃんからの差し入れにゃ
ご馳走さまにゃ

あたちがおばちゃんの家に落ち着くまでには
いろんな人の協力がありまちた
(お兄ちゃんっていうのは、あたちを最初に助けてくれた人のことでちゅ)

にゃんこをめぐって人の絆が育まれる
希薄になりつつある地域、社会の人間関係に
あたちたちが一役かってるんにゃ

今日のお話もそんな出来事でちた

さて、話は変わって、みなちゃんは
物語の結末は、どのようなのがお好きでちゅか?
ハリウッド映画のような、でき過ぎてるハッピーエンド
「そんなぁ~、人生は上手くいかないよ!」って具合の、皮肉な結末のフランス映画‥
いずれにせよ、そのどちらも人生にゃ

迷い猫のガリコは、外猫として地域の人たちに愛されていまちた
そんなガリコには、切望してやまないことがあったのでちゅ
それは、安住の地に行き着くことでちゅ
しかし、ガリコのそんな願いを握りつぶすように
ガリコは、皮肉にも多くの外猫が辿る悲しい結末を、迎えることになるのでちた

ガリコアップ

「ヒィ~‥ヒィ~‥、こにゃ~!ちくわぁ‥‥」
「あたしを勝手に殺すんじゃないにゃ‥ヒィ~‥ヒィ~‥」

「あにゃ!はじめまちて‥ちくわともうちまちゅ‥」
「あにゃ~噂にはちいていまちたが、ガリコしゃん、すざまちい風貌でちゅね‥」

「ヒィ‥ヒィ‥、ふん!あんたなんかの家猫と違ってにゃ~ヒィ‥」
「あたしたちは、知恵絞って、強くたくましく、したたかに生きなくちゃ‥ヒィ‥ヒィ‥」

「ところで、ガリコしゃんは、おいくつなんでちゅか?」

「なにゃ~年だってにゃ!女に年を聞くもんじゃにゃいにゃ!ヒィ‥ヒィ~」
「ヒィィィ~、ぐるしい~、一息に話をすると、疲れるんにゃ‥ゼコ、ゼコ‥」

にゃ~、ということで
ガリコしゃんは、雌猫であるということはわかりまちたが
年齢は不問ということでちゅ

ガリコ道路

トゥルルル‥トゥルルル‥
すももねぇさんのドンの携帯に、メールがきたにゃ
送信者は、お気楽さんにゃ
お気楽さんの会社の近くの駐車場に、瀕死のにゃんこがいる
どうしたものか‥
そんな内容のSOSのメールでちゅ

ドンとおばちゃんは現場に急行したにゃ

ガリコミルク

ご飯は食べないものの、お気楽さんの用意したミルクは飲みまちた

ガリコドアップ

この風貌とガリガリの身体から
このにゃんこは、ガリコと名づけられまちた
ガリコしゃん、この近所では知る人は知る
有名にゃんこで、お気楽さんの会社の裏にある仕出屋さんで
おすそ分けをいただいたのをきっかけに
このあたりで生活をするようになりまちた

ガリコのみとりくびわ

蚤取り首輪のピンクが結構似合いまちゅ
その後、ドンもおばちゃんも、毎日ガリコしゃんの様子を見に行きまちた

ガリコご挨拶

律儀な?ガリコしゃん
お気楽さんの事務所の前で、朝のごあいさつにゃ

ガリコブラッシング

蚤だらけで毛が真っ黒に固まって
ぐれ猫動物病院で処方してもらった
痛み止めと蚤駆除フロントラインをしまちた

ガリコシャワーブラシ

それにちても本当に凄い風貌でちゅ
でも愛嬌たっぷりで、とても人なつこいんにゃ

ガリコいかないで

通りを歩く人の後追いをしてまちゅ
とてもせつない光景でちゅ

土日に、ドンとおばちゃんがガリコしゃんの世話に行くと
日傘を差したおねぇさんがガリコしゃんにミルクをあげていまちた
おばちゃんたちは、近づいておねぇさんと話をしまちた
おねぇさんは弱ったガリコしゃんを見ていられず
朝に晩にと様子を見ていたようです
おばちゃんたちが同じ気持ちであると知って
おねぇちゃんは自分のことのように喜んでいまちた
とっても優しい人でちゅね
おねぇちゃんの他にも、同じように心配して世話をしている人たちがたくさんいまちた
不思議なことに、ガリコしゃんは人を惹きつける何かを持っているようです

ガリコより添い芸

みんな心配はしているものの
いったいどうしてあげたらいいのか
ガリコしゃんに関わった人たちはみんな同じ気持ちでした
車の往来の頻繁な道路を
よろよろふらふら横断するガリコしゃん
轢かれるんじゃないか‥
そのこともとても心配でちた

心配していることがおこりまちた
道路の真ん中で横たわっているガリコしゃん
危険なので、誰かが警察に通報したのでちゅ
パトカーが捕獲にやってきまちた
たまたま、現場にいたドンとお気楽さん
その他、騒ぎを聞きつけて、ぞくぞくと近所の人たちが集まってきまちた

image-1.jpg
illust3920.png
CAUJK9Y3.jpg
illust3916.png

警察官にドンとお気楽さんは、これまでの経緯を話し
連れて行かないように訴えまちた
近所のみなさんも追随しました
ドンは、ガリコしゃんのことを相談していた
ぐれ猫動物病院の先生に連絡して何とかしようと思いました
しかし、先生の所は緊急のオペでもあったのか
結局、電話は繋がりませんでした
警察官も事情を察して、いろいろ手配をしてくれましたが
通報が入ったという事実があっては
そのまま何もなかったということにはできず
行政の決まりによって、衰弱の激しいガリコしゃんは一時近所の動物病院に移り
その後、動物愛護センター保護されることになりまちた

連絡をもらったおばしゃんもどうすこともできず
おばちゃんをはじめみんなは
とてもせつない一夜を過ごすことになりまちた

一時保護先の動物病院は
おばちゃんが以前飼っていたサラくんというわんこのお世話になっていた病院でした

そのことを考慮して
おばちゃんがその病院の先生に様子を聞くことになりまちた

つづく

ガリコちくわバスマット


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
2010年5月生まれ、茶トラのにゃんこでちゅ。好きな食べ物はおでんの汁にゃ。よろちくわ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。